ゴミ屋敷

ゴミ屋敷の問題は他人事ではない

部屋

最近はテレビでもよく見られるゴミ屋敷。部屋中がゴミや不用品に埋もれてしまい足の踏み場もないという状態のことです。普段整理している方からは信じられない光景ですが、このような方はなぜゴミ屋敷になってしまうのか。それはいくつかの性格が重なった結果と言えます。
ではそれはどのような性格でしょうか。まずはコレクター気質の方です。ゴミ屋敷といっても物が入ってこなければ部屋が散らかることはありません。普段から必要のない、色んなものを買ってしまうのでしょう。本当に必要なものだけを買う人はそこまで部屋は散乱しないものです。そして物事を後回しにする性格です。部屋が散らかり始めることは気がつくものです。ある一定の状態になったら片付けなければと思うものです。しかし明日でいいやと思いながら月日はたち、気づいたらなれてしまったパターンです。
最後に、自己中パターンです。自分の部屋だし誰にも迷惑かけていないのだから良いでしょうという考えの方です。元々部屋に誰も呼ぶ気はないし、自分が良ければ問題ないと言うわけですね。確かにそれもそうなので、臭いが充満していなければ問題はありません。これらの性格が重なると、そこはゴミ屋敷となるのでしょう。